ご質問などございましたら
ご遠慮なくお問い合わせください。

平日朝9~17時の間でお願いします。




















































シリカゲルではきれいに作れなかった花も
生花のように美しいドライフラワーを
簡単に作ることができます。

作ることがむずかしいチューリップも
アメージングスタイルドライフラワー製法なら
きれいに作れます。
新製法で作った葉の付いた一輪の赤いチューリップのドライフラワーです


アメージングスタイルドライフラワー製法で作った
赤いチューリップのクローズアップ
花びらにシワができていません。
花びらにシワのない赤いチューリップのドライフラワーのクローズアップです



この製法の一番の特徴は
花びらが縮れたりせず、生花のままで
ドライにできるところです。
新製法で作った花びらが美しいサクラのドライフラワー


シリカゲルで乾燥させたサクラ




新製法で作ったピンポンマムの花びらは
縮れることなくまるで生花のようです。
新製法で作った花びらが縮れていない黄色いピンポンマムのドライフラワー


シリカゲルで作ると花びらが縮んで
シリカゲルが取れなくなります。
花びらが縮んでシリカゲルが取れなくなった黄色いピンポンマムのドライフラワー



シリカゲルでは、小さい花や
細い花びらが縮んでくしゃくしゃになって
ドライフラワーにすることができません。

新製法では小さい花も縮れることなく
ドライフラワーにすることができます。
細いノコンギクの花びらも縮れることなく
生花そのままの姿です。
花びらが縮れていないノコンギクのドライフラワー


1センチほどの小さなカタバミの花の
アメージングスタイルドライフラワー。
おしべもそのままです。
小さな黄色いカタバミのドライフラワー


細く繊細な葉も縮れることなく
乾燥させることができます。
野草セントウソウの葉。
細い繊毛までそのまま残っています。



新製法では粒子のとても細かい
埋設材で花を包みますから
花びらにシワやへこみができません。

新製法で乾燥させたミニヒマワリの
アメージングスタイルドライフラワー。
花びらにシワやへこみのないミニヒマワリのドライフラワー


シリカゲルで乾燥させると、花びらにシワや
シリカゲルの粒のへこみができます。
花びらにシリカゲルの粒のへこみができたミニヒマワリのドライフラワー


新製法で作ると、花の色もそのままです。
あざやかな色の林道のドライフラワー。
色鮮やかなリンドウのドライフラワー



簡単できれいな新しいドライフラワーの作り方!シリカゲル製法の進化形!


ミニヒマワリのアメージングスタイルドライフラワー
シリカゲル,ドライフラワー

ひと株をそのまま乾燥させた、シクラメンのアメージングスタイルドライフラワー
新製法で作った白いシクラメン一株のドライフラワーです

アジサイのアメージングスタイルドライフラワー
2輪の青いアジサイの葉付きドライフラワー

バラのアメージングスタイルドライフラワー
新しい製法で作った生花のように美しい大輪のピンクのバラ




ドライフラワーの作り方で一般的な方法は
自然乾燥で作る方法と、シリカゲルに埋めて乾燥させる作り方で
シリカゲルで作るドライフラワーは生花のようだと言われていますが
私にはシリカゲルで作ったドライフラワーが美しいとは思えませんでした。

シリカゲルで乾燥させますと、花びらがシワになったり縮んだりしますし
シリカゲルの粒によって花びらにへこみができます。
また、シリカゲルがくっついて取れなくなることもあり
それが多くのドライフラワー愛好者さんを悩ませ続けた大きな欠点でした。

いろいろとドライフラワーの作り方を調べましたが
思わしい製法がなかったので、「ないなら自分で考えよう」と思い
試行錯誤して新しいドライフラワーの作り方を考案したのです。





シリカゲルは粒が大きいため、花びらに跡がついてデコボコになります。
また、直接花びらに接して細胞膜を破って水分を吸収するため、花びらが縮んで傷んでしまいます。
シリカゲルで作ったドライフラワーの持ちが悪いのはそのためです。

コスモス
シリカゲル製ドライフラワー
シリカゲルで作った花びらにシワができたコスモスのドライフラワー
アメージングスタイルドライフラワー
シリカゲルを使わない新製法で作った美しいコスモスのドライフラワー


アスター
シリカゲル製ドライフラワー
シリカゲルで作った花びらが縮んだアスターのドライフラワー
アメージングスタイルドライフラワー
シリカゲルを使わない新製法で作った生花のようなアスターのドライフラワー


バラ
シリカゲル製ドライフラワー
シリカゲルの粒のあとがついて花びらがへこんでいるバラのドライフラワー
アメージングスタイルドライフラワー
シリカゲルを使わない新技術で作った美しいバラのドライフラワー


ドライフラワー用のシリカゲルと、この製法で使用する埋設材の上に
紙をのせてこすってみました。
シリカゲル
埋設材


花びらと思ってご覧ください。
粒の大きさの違いでこれだけ差が出るのです。


この新しいドライフラワーの作り方をおはじめになると
みなさん「もうシリカゲルには戻れない」とおっしゃいます。





シリカゲルを使わないこの新しいアメージングスタイルドライフラワー製法の特徴は
まずとても簡単なこと。基本的な作業工程はシリカゲルで作るのと同じです。
どらいふらわーをお作りになったご経験のない初心者の方でも
テキストと制作キットで美しいドライフラワーを作ることができます。

テクニックも特別な機械も必要ありません。
また、薬品などは一切使いませんので、とても安全です。

簡単なのに、花びらにシワもへこみもできず
生花そのままの美しさでドライフラワーにすることができるのです。
ハーバリウムにしても、フラワーアレンジメントを作っても、レジンに閉じ込めても
花の美しさが作品を際立たせます。
作るなら美しい方がいいですよね。


私はこの製法の権利を独占するつもりはありません。
みなさんと楽しみたいと考えていますので
制作キットをお求めいただきました方は
趣味の創作、教室でのレッスン、ドライフラワー花材の製造販売など
自由にご活用いいただいて結構です。
当方への承諾も必要ありません。
すでに多くの教室や花卉生産者が商業利用しています。

※この製法はすでに特許庁の広報で公開されています※
特許申請のいきさつ ≫≫


サザンカのアメージングスタイルドライフラワー
新しい製法で作った純白が美しいサザンカの枝付きドライフラワー

この製法で作ったドライフラワーをご覧になった方から
「さわった感触はプリザーブドフラワーのようにしっとりとしていますか?」
というご質問をいただきますが、薬剤などを吸わせたりしませんので
普通のドライフラワーと同じ質感ですが、とても美しいドライフラワーに仕上がりますから
生花のようにやわらかそうな印象を受けるでしょうね。



ガーベラのアメージングスタイルドライフラワー

花びらが縮れいないて生花のように美しい黄色いガーベラのドライフラワー


シリカゲルで作ったドライフラワーは、細い花びらはちぢれてしまいますが
この新製法で作りますと、ガーベラの繊細な花びらも美しいドライフラワーになります。
このようにクローズアップした画像で見ても美しいのです。

新製法で作った花びらが美しい黄色いガーベラのドライフラワーのクローズアップ


白い花をドライフラワーにしますと、茶色っぽく変色してしまいますが
この製法ですと美しく仕上がります。
シリカゲルでは綺麗に作るのがむずかしいトルコキキョウも
レースのようなやわらかい質感そのままでドライフラワーになります。


八重咲きトルコキキョウのアメージングスタイルドライフラワー
新製法で作ったフリルの花びらが美しい真っ白なトルコキキョウのドライフラワー



下のトルコキキョウの画像をご覧になって、どちらがドライフラワーかおわかりになりますか?

新製法で作った生花のように美しい純白のトルコキキョウのドライフラワー


答えは、左が生花で、右がアメージングスタイルドライフラワーのトルコキキョウです。
実は私も元画像を保存しているフォルダで確認しないと
どっちがドライフラワーかわかりません。


ラナンキュラスの生花とアメージングスタイルドライフラワーの比較。
矢印でしめしているのがドライフラワーですが、生花との区別がつきません。

新製法で作ったラナンキュラスのドライフラワーと生花の比較



これまでドライフラワーにできなかった花、きれいに仕上げることができなかった花も
とても簡単に、美しく作ることができます。


アルストロメリアのアメージングスタイルドライフラワー
花びらの模様が美しいアルストロメリアのドライフラワー



オンシジュームのアメージングスタイルドライフラワー


右の画像はハーバリウムにしたオンシジュームです。
花びらにシワがありませんから、オイルに浸けてもとてもきれいです!

新しい製法で作った花びらにシワのない黄色いオンシジュームのドライフラワー オンシジュームのドライフラワーで作ったハーバリウム


ドライフラワーに適した花

花の種類によって、ドライフラワーに適した花と、向いていない花がありますが
この製法ではほとんどの花を美しくドライフラワーに作ることができます。

一般的にドライフラワーに適した花
バラ、ガーベラ、カスミソウ、スターチス、センニチコウ、アジサイ、ミニヒマワリ、カーネーションなどですが
この製法ではドライフラワー作りに向かないと言われている
チューリップ、トルコキキョウ、桜、アスターなどのキク科植物、カラー、スイセンなど
水分の多い花や、花びらが弱い花でもドライフラワーにすることができます。


この製法でドライフラワーにできない花
ユリ (カサブランカのようは大輪種) 、ユーチャリス
ダリアなど大輪のキク科の花(花びらが落ちてしまうため)」

胡蝶蘭はむずかしいですが作れますよ。


デンファレのアメージングスタイルドライフラワー
生花のように美しいデンファレのドライフラワー


こちらのページでアメージングスタイルドライフラワーのサンプル写真をご覧ください。
ドライフラワーに適さない、向かないとされる花もきれいにドライフラワーになりますよ。












レジン造形作家の私が、なぜドライフラワーの製法を考案したのか?
それは、
「生花の色と姿そのままの花を、エポキシレジンの中に閉じ込める
本当に美しいレジンフラワーを作りたい」
と思ったのがきっかけです。

黄色いガーベラのドライフラワーをエポキシレジンに閉じ込めた生花そのままの美しいレジンフラワー
エポキシレジンに封入したガーベラ





最初はシリカゲルで乾燥させたドライフラワーを
レジンに閉じ込めてみました。
でもシリカゲルで乾燥させますと、花びらにシワやへこみができてしまいますし
おしべ、めしべなどにシリカゲルがくっついて取れなくなって
レジンの中で不自然に光ってしまうため
私の求めるレジンフラワーの美しさではありませんでした。
それで自分で新たなドライフラワーの作り方を研究したわけです。

シリカゲルでのドライフラワー製法の欠点を改善するために
まず次の3点をクリアする必要がありました。

① シリカゲルよりも微細な素材で花をうずめる。 そのための資材を見つける。
その素材は水分を吸収せず、水にも溶けない物であること。

② 花に接しなくても、水分を吸着させる強力な乾燥剤を見つける。

③ より速く花の水分を放散させる方法を考える。



この問題点をクリアーして完成したのが、アメージングスタイルドライフラワー製法です。

まずシリカゲルと埋設材を比較してみましょう。
拡大してみますと、粒の大きさの違いがよくわかります。


粒が細かければ、加わる力が分散しますから
花びらにダメージを与えにくく、花びらや葉を均一にプレスすることで
シワなりにくく、美しいドライフラワーを作ることができるのです。

この埋設材は天然鉱石由来で安全な素材です。
また、研磨によって表面がなめらかに加工されていますから
花びらを傷つけることもありません。



次に乾燥剤についてご説明しましょう。
拡大画像。 粒は約2ミリ程度です。

ドライフラワー,乾燥剤


この乾燥剤は、シリカゲルの約3倍というとても強力な吸着力を持っていて
天然鉱石に近い、安全な素材でできています。


粒はとても硬く、くずれたり壊れたりすることはなく
オーブントースターで加熱して乾燥させることで
何百回でも何年でも繰り返し使用することができ
しかも吸水力は変わりませんから
シリカゲルのように定期的に買い替える必要はありません。


「乾燥剤」と「埋設材」とに分けることで、美しいドライフラワーを作ることができるのです。

(この製法の核となる資材ですので、乾燥剤の名称をお教えすることはできません。)





 









・はじめに
・花えらび
・基本製法
・クリーニング
・再乾燥
・脱気・減圧製法
・半立体ドライフラワー
・乾燥剤の処置

★ここの解説がとても重要!★
・美しいドライフラワーのための化・科学
  ドライフラワーが傷む原因
  アリル・イソチオシアネートによる美しい仕上がり
  アントシアニン発色法
  白い花が透ける原因
  花びらが落ちる原因
  低温でのドライフラワー制作と植物の呼吸

・レジンフラワー
  エポキシレジン成型に必要な物
  エポキシレジンの扱い方
  レジンに封入する時の注意事項
  グラスフラワーの作り方
  レジンフラワーの劣化とレジンの変質
・レジンコーティング
  作業手順
  注意事項
  レジンコーティング強度実験

写真と図でくわしく解説しています ドライフラワーの作り方を写真と図で解説したテキスト

制作キット